冷蔵庫を運ぶ

冷蔵庫を運ぶ1番オススメの方法

冷蔵庫を運ぶ

冷蔵庫 運びたい

冷蔵庫 運搬

冷蔵庫 配送

冷蔵庫 送る

 

冷蔵庫を運びたい。

 

大きな冷蔵庫は100kgを超えるので、自力で運ぶのは危険でオススメできません。

 

こんな大きな冷蔵庫を運べるのは、大手の宅配業者か引越し業者くらいです。
宅配業者といっても冷蔵庫の運送をやっているところはほとんどなく、競争がないため費用はやや割高になります。

 

できるだけ安く運びたいなら、引越し業者がオススメです。
引越し業者は数が多いためサービスや価格に競争がうまれます。

 

しかも一括見積もりでまとめて見積もりが取れるので、最安値の業者を探すのも簡単です。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

引越し以外でも、冷蔵庫を2階に運びたいとか知人にあげたいなどの理由でも見積もり可能です。
大きな家電だけを運んで欲しいという依頼は、結構多いのです。

 

引越し業者一括見積もりで、相場も1番安い業者も簡単に見つけることができますよ。
ぜひご活用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引っ越しの相場と時期

 

冷蔵庫運ぶ繁忙期

 

引っ越し業者には繁忙期と呼ばれる1年で一番忙しい時期があります。
繁忙期は新大学生や新社会人などが一斉に移動する3月で、その前後は引越しの件数が多くなります。

 

この時期はとにかく予約を取るのも大変で、引越し業者もスタッフを募集したり1日に回る件数を増やしたりと頑張るのですが人手が足りません。
ですから冷蔵庫だけを運びたいという依頼も、この時期は当然ほかの時期よりも費用がかかります。

 

もし繁忙期を避けられるのであれば、この時期に引越し業者を利用するのは避けた方がいいです。
どうしてもこの時期を避けられないようであれば、早めに見積もりを依頼して業者をおさえ、契約しておいてください。

 

見積もりの段階で放置すると、条件の良い業者はどんどん予約が入りますのでいざ契約しようと思っても出来なくなります。
予約がいっぱいになる前に、早めに行動してくださいね。

 

通常期でもサービスや評判の良い引越し業者はどんどん埋まりますので、運びたい物件の住所がわかったらすぐに行動してくださいね。

 

 

引越し料金を安くする方法

 

冷蔵庫運ぶ繁忙期

 

上記したように、繁忙期(3月前後)は引越し料金が高いと言いました。
しかし繁忙期でなくとも通常期であっても、土日祝日の午前や大安といった日は人気があるため他の日よりも費用はやや高めです。

 

といいますか、人気のある日は引越し業者が割引しづらいと言えます。

 

では平日の午後もしくは時間を決めないフリー便はどうでしょうか?
引越し業者は平日で仕事に余裕がある日は、引越し費用を割引して集客しようとします。
だからひっこしの価格を安くすることができるのです。

 

トラックと運転手だけを用意してもらうチャーター便は、引越しを手伝ってくれる友人知人は何人かいるけど車がないという人にはオススメです。
トラックに荷物を積む際に、背の高い家具や大きな家電はどうすればいいのか素人では案外わからないものです。

 

さて引越しの中でも一番お金がかかるのは、長距離の引っ越しだと思います。
かなりの長距離であれば数十万円かかっても全然おかしくありません。
運転手、変わりの運転手、高速代、ガソリン代など人件費も交通費もものすごくかかりますので、仕方がないのです。

 

一人暮らしの引越しなら、単身パックや混載便を利用するのがオススメです。

 

これは同じ方面に荷物を運びたい何人かでトラックの費用を割る形で運ばれますので、経費がかなり抑えられ安く引っ越しできます。
このように引っ越しにはいろいろ安くするポイントがあるのを知っておいてください。

 

 

 

 

冷蔵庫配送 宅急便冷蔵庫 宅急便料金冷蔵庫