冷蔵庫を運ぶ

冷蔵庫を運ぶ1番オススメの方法

冷蔵庫 配送

冷蔵庫 運ぶ

冷蔵庫 運送

冷蔵庫 運送

 

冷蔵庫を運びたい。

 

大きな冷蔵庫は100kgを超えるので、自力で運ぶのは危険でオススメできません。

 

こんな大きな冷蔵庫を運べるのは、便利屋か大手の宅配業者か引越し業者くらいです。

 

便利屋は1時間単位で料金が設定されていますので、もし冷蔵庫を運ぶとしても家の中での移動やごく近距離への運送を想定しています。
時間がかかりそうな場合の配送は不向きです。

 

冷蔵庫の運送をやっている宅配業者は実はほとんどなく、家財便がある大手の宅配業者だけなので競争がなく配送費用はやや割高になります。

 

残念ながら郵便局のゆうパックでは30kgまでの荷物しか送ることができませんので、冷蔵庫は対象外です。

 

できるだけ安く運びたいなら、引越し業者がオススメです。
引越し業者は数が多いためサービスや価格に競争がうまれます。

 

しかも一括見積もりでまとめて見積もりが取れるので、最安値の業者を探すのも簡単です。

 

実は大きな家電だけを運んで欲しいという依頼は、結構多いそうです。

 

引越し業者一括見積もりで、相場も1番安い業者も簡単に見つけることができますよ。
ぜひご活用くださいね。

 

引越し比較

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ライフル引越し
引越し

・住まい探しのライフルの引越し
・はじめての引越しにもおすすめ
・あなたに合った業者とは

 

 

 

 

引っ越しの相場と時期

 

冷蔵庫運ぶ繁忙期

 

引っ越し業者には繁忙期と呼ばれる1年で一番忙しい時期があります。
繁忙期は新大学生や新社会人などが一斉に移動する3月で、その前後は引越しの件数が多くなります。

 

この時期はとにかく予約を取るのも大変で、引越し業者もスタッフを募集したり1日に回る件数を増やしたりと頑張るのですが人手が足りません。
ですから冷蔵庫だけを運びたいという依頼も、この時期は当然ほかの時期よりも費用がかかります。

 

もし繁忙期を避けられるのであれば、この時期に引越し業者を利用するのは避けた方がいいです。
どうしてもこの時期を避けられないようであれば、早めに見積もりを依頼して業者をおさえ、契約しておいてください。

 

見積もりの段階で放置すると、条件の良い業者はどんどん予約が入りますのでいざ契約しようと思っても出来なくなります。
予約がいっぱいになる前に、早めに行動してくださいね。

 

通常期でもサービスや評判の良い引越し業者はどんどん埋まりますので、運びたい物件の住所がわかったらすぐに行動してくださいね。

 

 

引越し料金を安くする方法

 

冷蔵庫運ぶ繁忙期

 

上記したように、繁忙期(3月前後)は引越し料金が高いと言いました。
しかし繁忙期でなくとも通常期であっても、土日祝日の午前や大安といった日は人気があるため他の日よりも費用はやや高めです。

 

といいますか、人気のある日は引越し業者が割引しづらいと言えます。

 

では平日の午後もしくは時間を決めないフリー便はどうでしょうか?
引越し業者は平日で仕事に余裕がある日は、引越し費用を割引して集客しようとします。
だからひっこしの価格を安くすることができるのです。

 

トラックと運転手だけを用意してもらうチャーター便は、引越しを手伝ってくれる友人知人は何人かいるけど車がないという人にはオススメです。
トラックに荷物を積む際に、背の高い家具や大きな家電はどうすればいいのか素人では案外わからないものです。

 

さて引越しの中でも一番お金がかかるのは、長距離の引っ越しだと思います。
かなりの長距離であれば数十万円かかっても全然おかしくありません。
運転手、変わりの運転手、高速代、ガソリン代など人件費も交通費もものすごくかかりますので、仕方がないのです。

 

一人暮らしの引越しなら、単身パックや混載便を利用するのがオススメです。

 

これは同じ方面に荷物を運びたい何人かでトラックの費用を割る形で運ばれますので、経費がかなり抑えられ安く引っ越しできます。
このように引っ越しにはいろいろ安くするポイントがあるのを知っておいてください。

 

 

引越しのあいさつの時期

 

引越しのあいさつ

 

引越しあいさつには面倒でも行ったほうがいいです。
ご近所の方に挨拶もできない人という印象を与えてしまうのは得策ではありません。

 

できるだけ早く、引越し当日か翌日に行くといいですね。
どうしてかと言うと先延ばしにすると面倒くさくなったり、道や廊下でバッタリ会ってしまってタイミングを逃したりするからです。

 

引越し日までに簡単な粗品を用意して行くのがおすすめです。
粗品は500円とか1000円くらいの日用品やお菓子、タオルや洗剤などの消耗品も喜ばれると思います。

 

ではいったいどこのお宅まで挨拶に行くものなのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方です。
大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合は、その方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのような住人専用のゴミ収集所がないところが多く、おそらく町内の当番制で収集所の清掃を行っているかと思います。
ですから自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールなどを聞いておくと安心です。

 

 

引越し手順

 

引越しの手順

 

引越しのだいたいの手順を把握しておくと無駄がありません。
スムーズな引越しのためにもぜひ一度確認してみてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

さて引越し業者を早く決めたいところですが、新居が決まるまでは正確な引越しの価格は出せません。
新居までの距離、新居の状況によって配送費用が異なるからです。
見積もりを取るのは新居が決まったらすぐがオススメです。

 

そして引越し費用を抑えたいのなら、できるだけ引越しの前に荷物を減らしましょう。
不用品の運送費もバッチリかかるため、新居に運ぶと無駄なお金になります。
不用品は引越し前に売る、あげる、捨てるなどして処分してくださいね。

 

市外へ引越しする場合は、転出届を市町村役場に提出します。転出届は引越し2週間前から提出できます。
役所にいったついでに国民年金や国民健康保険のことも聞いておくと無駄がなくていいですよ。

 

電気・ガス・水道会社に引越しする日を伝えて、その日までの料金の精算方法を聞きましょう。
日割りでかかった料金を計算してくれます。
火事を出さないため外にある大元のガス栓をガス会社の人と閉める作業があるかもしれませんので、早めに確認しておきましょう。
新居が市内なら、電気・ガス・水道を引越し日から使えるようにしてもらう手配もしましょう。

 

郵便局で転送届を出しておけば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この1年の間に、引越しハガキなどで新居をお知らせしてくださいね。

 

引越し当日は家財の置き場所を指示してください。
あらかじめ決めておいて紙に書いてどこかに貼りだしてくれると引越し業者も配送作業がスムーズにできます。
貴重品や高級品、写真などデータは自分管理にしましょう。トラブルを避けられます。

 

市内引越しなら市町村役場で転居届を、市外引越しなら転入届を提出しましょう。
引越し2週間以内にしましょう。

 

免許証やパスポート、各種保険、銀行カードやクレジットカード、その他大事な会員証などはそれぞれに連絡して住所変更をしてもらいましょう。
郵便物の転送は1年間なので、忘れないうちに行ってくださいね。

 

 

 

 

 

冷蔵庫配送 宅急便冷蔵庫 宅急便料金冷蔵庫